ずっと倦怠感が続く、やる気がわかない、眠れない・・・などのちょっとした心の不調を感じたときなど、まず、駆け込んで欲しいのが「心療内科」です。きっと敷居が高いと感じる人もいるかもしれませんが、そんなことはありません。心のSOSに早めに気づいて駆け込む、「駆け込寺」が「心療内科」です。ここではそんな「心療内科」の事について説明します。

心療内科って??

心療内科とは、ストレスから心や身体に受けたダメージを診てくれることのできる科です。先ほども書いた通り、少し敷居が高く感じますが、入ってみたら全然そんなことなくて、守ってくれる大事な場所です。ここでは、具体的にどんなところか、自分に合った病院の探し方、用意すると便利なものをまとめて読んでいきましょう。

心療内科ってどんなところ?

自分に合った心療内科

用意すると便利なもの

症状を書いたメモを用意しよう

心療内科は特別なものではなく、ほかの診療科とそれほど変わりありませんので、気軽に訪れても大丈夫です。保険証とお金さえ持っていけば、ドクターの診察を受けることは可能です。しかし、それだけでは不安だと感じるのなら、自身の症状をまとめたメモを持っていくようにしましょう。心療内科はカウンセリングのようにじっくりと話をできるところではないため、こちらから症状を話さないと、何も伝えられないまま診察が終わってしまいます。それでは、正しい診断をしてもらうのが難しいので、自身が困っていることを詳しく書いたメモを用意しましょう。診察で、そのメモを見ながら話すのもよいですし、ドクターに渡して読んでもらうこともできます。

お薬手帳を持っていこう

持病があって、飲んでいる薬があるのなら、それを心療内科に伝えなければいけません。薬には悪影響を及ぼす飲み合わせがあるため、それを避けるために必要だからです。もしも、お薬手帳があるのなら、それを心療内科に持っていきましょう。そこには、処方されている薬の名前がすべて載っているため、わざわざメモを用意する必要がなくなります。来院して最初に渡される問診票には、利用している薬を記載する欄があるはずなので、お薬手帳を見ながら記入しましょう。ただし、お薬手帳に記載されていない薬がある場合は、そちらの名前はメモをして持っていく必要があります。薬の飲み合わせは治療する上で、とても大切なことなので、伝えるのを忘れないようにしましょう。

うつ病かなと感じたら、新宿の心療内科

うつ病は現代病と言われるくらい、かかる人が増えています。しんどいなと感じたら、新宿の心療内科で受診しましょう

どんな病院がいいの?

心療内科ってどうやって選ぶの?

同じ心が原因の病を治す分野として心療内科、精神科、神経内科がありますが、それぞれどのような症状が現れるのかによって分けられています。心療内科はストレスが原因で腹痛・胃潰瘍・心筋梗塞・自律神経の…

大病院とクリニックの違い

心療内科は医療機関の診療科の一つで、ストレスによって起こった身体の不調を診てくれます。似たような診療科に精神科がありますが、心療内科では比較的症状が軽いものを扱っているのです。心療内科と精神科にハ…

いい病院の選び方

職場や学校などで、精神的なストレスを感じている人は、胃腸の調子が優れなかったり、肩こりや動悸、倦怠感などで悩んでいる人が少なくありません。不安神経症やうつ病などの病気が原因で、体の不調が見られるこ…