心療内科ってどうやって選ぶの?

症状の出方によって受診する場所が違ってくる

同じ心が原因の病を治す分野として心療内科、精神科、神経内科がありますが、それぞれどのような症状が現れるのかによって分けられています。心療内科はストレスが原因で腹痛・胃潰瘍・心筋梗塞・自律神経の乱れなど体に症状が現れる場合、精神科は強い不安・不眠・幻聴・幻覚など、いわゆるうつ病や統合失調症といった精神的な症状が現れた場合、神経内科はめまい・震え・痺れ・力が入らないという症状が現れた場合と分けられています。

病院で内科的な検査したにも関わらず異常が見つからなかったけど強いストレスを感じることがあり、その日辺りから何となく体の調子が悪くなったと感じたら心療内科を受診すると原因が見つかるかもしれません。

医者と協力して治すためには

心が原因の病は、一度受診して薬を処方してもらっただけで治ることはほとんどないので通いやすい場所にある病院を選んでください。薬と体の相性が悪く万が一悪化した場合にすぐに相談できる場所にあると適切な治療を受けることが出来て、悪化しなくてもいつでも頼ることが出来る場所があると考えるだけで心の支えになります。

より的確な治療を行うためには、臨床心理士が常在していてカウンセリングを行ってくれる病院を選ぶことも重要です。いくら薬で症状が改善しても根本的な原因を解決しなければ治療が進展しなかったり何度でも再発したりしてしまいます。カウンセリングは自分の心と向き合うものなので、精神状態が安定していないとマイナス思考に陥ってしまうため医師からカウンセリングを受けられる状態と判断されないと受けることはできません。