心療内科ってどんなところ?

ストレスが原因となる体の病気を診る場所

現代社会でしばしば引き起こされるストレスは、様々な病気の原因となります。ストレスによって引き起こされる精神的な病気は、頭痛やめまいなどの形で体に現れますが、なかなか改善しない場合があります。こうした病気を投薬などで直接的に行い、かつカウンセリングなどの精神的なケアを行う医療領域として、心療内科が存在します。基本的には精神科と共通点があり、それらの病気の領域でも症状が軽いものを担当することがあります。

名称に内科があるため、多くの医療機関に存在している内科と同等の治療が行なえますが、体の不調に加えて、心の不調も行える点で異なります。内科を受診しても原因がわからない場合に、心療内科での治療に切り替えられるケースがあります。診療領域の共通性が高い精神科と、併設されている医療機関が多いことが特徴ですが、心のケアをメインとする精神科とは、体の不調を治す点で区分されている点が違いとなります。

診察する病気の種類は多岐にわたる

ストレスが原因となる病気を専門とし、頭痛やめまいといったものから、不眠や食欲不振、吐き気など幅広い症状に対応します。専門となる病気には、頭痛や腹痛を伴うものが多い、不登校や仮面うつ病、偏頭痛などがあります。自律神経失調症など、精神科の専門領域の一部を担当する他、パニック障害や摂食障害等、日常生活で起こり得る病気も専門となります。内科が専門とする糖尿病や、皮膚科の領域となる円形脱毛症も担当することがあります。

心療内科での診察は、カウンセリングと検査、治療の3段階で行われます。カウンセリングでは、人間関係や仕事の悩みを聞くなど、精神科に近い方法をとることが特徴です。検査については、血液検査など内科と同様のことを行いますが、心理テストを実施することが、内科との違いです。生活習慣の改善などのアドバイスと、投薬などの内科治療の組み合わせが、心療内科におけるメインの治療法です。